通信教育は大学から民間と様々な講座があります。

通信教育は通学が難しい生徒に対し通信手段を用いて教育を行うことをさします。通信教育には大学をはじめ民間企業が行う趣味まで多様な講座があります。特にいじめ問題が深刻化しつつある現在、不登校になる生徒が増加しており通信教育のニーズが高まっています。またリタイア後の人が通信講座を使用して再び勉学の場を求めるケースもあります。一般的に大学の通信教育講座はテキストを使用した学習で自宅学習が主となります。また必修で扱いではありませんがインターネットなどメディアを使用した講義もあり単位として認められています。大学が行っている通信教育は自宅で勉強する形がほとんどですが一定期間中、所属する大学に通って講義を受けなければならず、講義期間終了後のテストに合格して単位を取得します。このような学習を経て大学卒業を目指しますが大学に通学するより長い時間がかかります。民間企業が行っている通信教育はカルチャー的な要素が多くテキストを使用して楽しみながら講座を受ける形と資格取得をめざすコース等さまざまな講座があります。

none